« 《活彩祖谷村》の村長さん | トップページ | 落合峠で思ったこと »

2011年5月12日 (木)

《活彩祖谷村》の船長さん

オイラがはじめて出会った時には、すでに村長さんと彼はいつも一緒だった。そして村長さんともども《めんめ塾》や《てんごの会》といった、村おこしにつながる住民グループの中心的な存在だった。この田舎で毎年開かれているジャズフェスタの夜、熱く語り合う二人の田舎に対する熱意のようなものにひかれたことを覚えている。

彼のことを仮に、歌って踊る船長さん(以下、船長さん)とでも呼ぼうか。この船長さんはもともとこの田舎の人ではなかったが、25年ほど前にこの田舎の女性と結婚をした事をきっかけにして、海を捨て山村にやってきた。大海原へ何カ月も航海に出かけていたひとりの海の男は山の男になった。まさに陸に上がった河童状態となると思いきや、とにかく動く。村長さんに負けず劣らず行動する。

船長さんは、この3月まで竜宮崖コテージの管理人として働いていたのだが、行政の圧力をうけやめることになった。あと何年かは働く必要があったのだが、行政の思惑で市役所OBの方が後釜としてそこで働くことになっていた。たとえのんびりとした田舎であっても理不尽ってやつは平気でまかり通る。それを知った元村人の一人がその不正を訴えたことで、このOBの方は管理人職を辞退した。しかしながら船長さんの再雇用にはいたらなかった。

P1050009      秋の竜宮崖コテージ管理棟

このコテージで何年も管理人をやってきた船長さんは観光客からも人気者だった。宿泊客と共に飲んで歌って踊って、この田舎の良さを暖炉の前で朝まで語った。もちろん施設についても壊れたトイレや水道や遊歩道を自分で修理し、宿泊客が帰った後はいくつかある宿泊棟をまわりすべて掃除していた。その道具はもとより簡単な資材は自前でやっていたのだから驚く。

外国客が増えてくれば英会話まで勉強して、それなりに理解できるほどになっていたことには更に驚かされたが、それほど熱意のある管理人だった。この船長さんの人柄でどれだけのリターン客がいただろう。遠くは北海道・九州、そしてアメリカ・イギリスなどの外国の方まで・・・。

管理人時代には調理師の免許を取得し、知人から電気関係の手伝いを頼まれたことを機にして50歳を超えてから電気工事士の免許を取ってくるなど、その年齢に関係なく物事に向かっていく船長さんの姿は感動ものだった。もう50歳を過ぎたからとか、若くないからとか、この人の場合まったく関係ない。山を愛し数年前から山のガイドもしている。山育ちのオイラなんかよりも剣山系の自然を知っている。

P1040974

        秋のコテージ…

今、前職を追われた船長さんは「今回の件は新たな行動を起こす何かの啓示のような気がする。これも運命だ」と割り切り、さっそく空き家を購入し修理をはじめている。この空き家を新たな拠点として田舎をアピールする活動を再開しようとしているのだ。まったく恐れいるファイトの持ち主だ。

酔うと益々にこやかになり歌って踊る船長さん、今日もまた田舎の若い人たちに元気を与えてくれるに違いない。

« 《活彩祖谷村》の村長さん | トップページ | 落合峠で思ったこと »

活彩祖谷村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499382/39932842

この記事へのトラックバック一覧です: 《活彩祖谷村》の船長さん:

« 《活彩祖谷村》の村長さん | トップページ | 落合峠で思ったこと »

無料ブログはココログ