« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

三○市議会中継・・・

先の町村合併で三○市になったこの田舎にもケーブル回線が敷設された結果、ローカルチャンネルで当市の議会中継がテレビをとおしてみられるようになった。

今回の議会中継でm市議さんが“いやしの温泉郷ホテル三嶺”(以後“いやしの温泉・・”)の運営悪化を例にとり同じ轍を踏むのかと建設計画のある文化交流センターの行く末を案じ当局に質問をしていたが、聞いていてなるほどと思った。

“いやしの温泉・・”は1億円以上の赤字が出ているし、プチ天下りのようなことも横行し過去の運営が杜撰であったことは市議さんご指摘のとおりだ。そして運営が続く限りこの先も当市のお荷物になり続けることだろうdespair

事の発端はこの田舎が村であった時代に上層部が働く場所(雇用先)を提供するという公約(マニフェスト)をかかげ選挙戦に臨んだ結果、作られたものである。その際、採算は度外視したことは否めないが、そもそもその時代には剣山系周辺の人口数千人の小さな村ではこういった箱モノを作り一時的な活性を図ることは常識の範囲であった。よってどんな観光施設を造ってもいずれは採算が取れなくなり赤字に陥ることは暗黙の了解であった。

もし黒字にでもなれば万々歳なのである。その為、国や県からの借金をするにあたり、今は懐かしい官官接待をどの村でもやっていた。そうやって経済力のない村は生き残ってきた。それはバブル経済がはじけ日本に暗雲が立ち込め始めた頃まで続いた。

P1000928    晴れた後は霧が出る。早く梅雨が明けるといいのに・・・

“いやしの温泉・・”の第1の失敗は、造ったこと。第2の失敗は、真剣に金もうけ主義に徹しなかったこと。そして第3の失敗は町村合併があったことだ。第3に関しなぜかと言うと、そのままなら責任を追及されるべき村の上層部が合併で消えてしまった。

今になって誰が作ったとか赤字の責任は?と言っても埒が明かない。その問題は合併後の三○市が抱え込んでしまったからだ。新生の三○市の長になった者がどうにかするだろうと安易な考えがはびこり、真剣な死活問題としてこの“いやしの温泉・・”については誰も考えなくなってしまったcoldsweats02

さて、市になったと言っても名前だけの市で、この三○市だって町村合併以前と変わらず財政はかなり苦しい。そこに降ってわいた新しい箱物の建設計画であるから、市議さんからこういう質問が出てもおかしくない。建設費は20億ともそれ以上ともいわれ、莫大な予算をつぎ込み建てて終わりではなく、それ以後も毎年多額の管理費用を使うことになる。その結果、先の“いやしの温泉・・”同様に赤字を出し続けることになりはしないか?・・・誰しもが考えつく不安材料である。

この箱モノを作って魅力ある市を作り人を集め、人の流出を防ぐのか。この箱モノが重荷になって人が益々出ていくのか。それは誰にもわからないが、ひとつわかることは“いやしの温泉・・”から学ぶことは、自分たちで利益を生むことは公的思慮を持つ者ではできないということで、民間思慮が働けば利益は生まれやすくなるということだ。

P1000889     輝く雲・・梅雨明けも近い・・・?

いっそ今回の箱モノ建設計画に代わってどこかの大手企業の生産ラインの一端でも担える企業誘致でもできれば、と考えるのだが・・・。当市に地震は来ても津波はおこらない。どこかに津波を恐れ移動してくる企業の方がいないものだろうか。

やっぱ、箱モノ建設反対の対案として何があるのか市民が前向きに考える必要があるthink

2011年6月17日 (金)

自然の代弁者・・・

オイラがガキの頃はシカやサルを見かけるなんてことはほとんどなかった。畑には農作物がひしめき合うように実っていた。いかにものどかな農村風景が広がっており、四季折々の山の変化が季節の移り変わりを教えてくれた。自然の山はその色を変えるから山であり、そこに住む動植物におのずと恩恵を与え続けていた。

高度成長期のさなか、不便な田舎から人が動き始めた。教育・福祉・医療など文化的な生活の向上を求めて町へ下った。ちょうどその頃、国の植林政策が全国に広がりはじめ、補助金が国中に流れた。それを受けた人たちは、この地を去るにあたって用済みとなった田畑に杉や桧を植え、丁寧に山の広葉樹までも切り倒しそこにも杉や桧を植えていった。

この地に残った者も前者と同じく補助金目当てに田畑を縮小し杉や桧を植え、広葉樹の生い茂った山の大部分を杉・桧に模様替えしてしまった。

それから数十年後、広葉樹を失い実りをなくした山は、豊かだった自然を壊した人間にバツを与え始めた。山奥から人里へ姿を現した自然の代弁者(シカ・サル・イノシシ)たちは、手当たり次第に農作物を食い荒らした。その代表は急激に増えたシカたちだろう。

P1000826_2     シカを捕獲しようという、こんな新聞記事も・・・

人はやっとこの事態に恐れ農作物を守るべく畑の周りにネットを張り巡らしたり、花火の音で追い返したり、あるいは電気を流して迫りくる代弁者の侵入を阻止しようとした。いくら畑を囲んでシカよけネットを張り巡らそうとどうしようと、そんなのお構いなく野生の強さを持つ代弁者たちは毎夜のごとく農作物に攻撃をかけてくる。

あまりに情けないこの地を憂い、この田舎の先行きをどうにかしようと考えはじめた真摯な方々は、針葉樹を伐採し後は自然任せで本来の森に戻そうとしているが、中にはそのあとにまたしても杉苗を植える愚か者もいる。その愚か者やその家族が花粉症であったりするとカッコ悪い笑い話だ。

人が本来あるべき姿の自然を受け入れ共に生きる選択をすれば、おのずと野生動物は人前から立ち去ると思う。それができない限り代弁者たちは増え続けていくだろう。

彼らをとってくれる猟師さんも少なくなっているし、特にシカに関してはうまくもないその肉につきあい続けることもそのうちできなくなる。大量にとれるこのシカ肉を加工し特産品にでも変える事業があればどうだろうと考えることもあるが、不定期な収穫ではプランがたたない。いわんやオイラも冬に蓄えたシカ肉で食費を浮かしているひとりだが、いつまでもバカみたいに喜んでばかりではいられない。すでにお袋は畑を耕し苗を植えている。早くネットを張ってくれないと農作物が食い荒らされてしまうとなげきだされる前に、ネットを張らなきゃならない。

P1000863     最近、杉が伐採された場所。このまま自然に戻るといいが・・・

さあ皆さん、チェーンソーを持って針葉樹の森に分け入り、今こそ杉どもを切り倒しましょう。あの素晴らしいあるがままの自然をもう一度この田舎に取り戻し代弁者たちを森に追い返すために・・・by 杉切り隊々長

2011年6月 9日 (木)

《活彩祖谷村》の仙人さん

もう5年ほど前になるだろうか。オイラとカミさんが付き合い始めた頃、《活彩祖谷村》の村長さんや船長さんを介し、カメラを首に下げたにこやかな老紳士と出会った。この田舎では見かけたことがなく、そのとき初めて耳にしたのだが、この方は愛媛県の人で田舎や山歩きが好きでこの地に空き家も借りているとのこと。

愛媛県といえば松山市・・・ここは松山城を中心とした旧城下町で、有名な道後温泉を筆頭に由緒ある温泉地であり、夏目漱石、正岡子規、種田山頭火のゆかりの文学の町でもある。この老紳士はこのようなすばらしい地から、なんにもないこんな田舎へ足を延ばしては自然を満喫している。そればかりか高齢であるにもかかわらず、山のガイドもこなしているのだから、おそれいる。

Photo   アニメ映画『千と千尋の神隠し』の油屋の参考にされたといわれる道後温泉

この老紳士を仮に、道後の仙人さん(以下、仙人さん)とでも呼ぼうか。おそらく70歳は過ぎているだろうに山々を渡り歩くその姿はまさに仙人だ。この剣山系の山々を渡り歩き自然を堪能する達人でもある。

自身のブログでも、すたれゆく廃屋や雑草に覆われゆく田畑の今を写真におこし、そして俳句でしめるという俳人正岡子規を生んだ愛媛県人らしいスタイルを貫いている。つねに見る者をノスタルジックな気分にさせてくれると同時に人の営みの悲哀を感じさせてくれる。また時には世情のなさを憂い厳しい助言もこの田舎に呈してくれる。それほどこの田舎が好きなのだろう。

P1000842_3     落合集落(国指定重要伝統的建造物群保存地区)も緑に覆われた 

町村合併前の東○○山村に残る素朴さが好きだった仙人さんは、M市東○○になってからはどう感じているのだろう。この地を捨てて町へ生活の場を移す者が多い中、この地はさらに廃れていくだろうが、この田舎をやさしく見おろす山々は少しも変わりなく存在する。どうか仙人さん、これからもこの田舎を愛しいつまでも元気で山々を歩き素晴らしい写真と俳句を紡いでください。

道後温泉で産湯をつかった仙人は、今も松山市と田舎を行き来し、山々を渡り歩きながらこの田舎をやさしく見まもっている。

2011年6月 7日 (火)

人が変わる

《活彩祖谷村》の村長さんは、てんご新聞なる機関紙を毎月発行している。今回の新聞は第168号になるがオイラが読み始めたのは70号過ぎくらいからだろうか。毎号祖谷の自然について書いてあるが野草や樹木に関する知識は素晴らしいと感心している。しかも掲載されている写真の中には心を和ませてくれる傑作もある。それ以外には《活彩祖谷村》の活動や愚かな人間を憐れむような記事もある。

今回の新聞にはある市議さんに対する意見が載っていたが、この市議さんは市議になる前はとてもいい人だったのだが、市議になったとたん、人が変わってしまった。知人の告別式でその市議さんが後ろの席に座った。そのとき市議さんは後ろからオイラの耳元でチクリと嫌味なことを言ったのだが、オイラはすっとぼけた。

4月、竜宮崖コテージの管理人をしていた《活彩祖谷村》の船長さんの突然解雇事件のあと、ブログの先輩である菜菜子さんが、この件に関しブログで市の上層部を非難したことや、オイラが《活彩祖谷村》の仲間とつき合っていることが、気に入らなかったのかどうかわからないが、およそ大人げない行為なので無視したしだいだthink

《活彩祖谷村》の仙人さんのブログに間借りしている菜菜子さんの文言を読んでもらうとよくわかるので、オイラとしてはこの件に関しこれ以上なにも言いたくないが・・・てんご新聞や菜菜子さんの文言でおわかりのとおり、この田舎から選出された市議さんが、本当にこの田舎を良くしようと思い行動しているのなら、同じくこの田舎を良くしようと活動している者にアゲインストであってはならないということだ。

P1000831_3      てんご新聞168号

人が変わると言えば、今は退職して第二の人生を自宅のある池○町で送っているだろう元I所属の長であったU氏はおどろくほど人が変わった。これほど人間性が変わるものかと部下をあきれさせた。そのU氏は所属長に昇進したとたん、それまでの自分とうって変わって部下いじめをはじめた。

特にオイラはその標的のようなもので、お袋が頭部を手術したあと介添え人がいると病院サイドから言われ、その日はどうしても身内もみんな所用で都合がつかないので、長男のオイラがその介添え人をすることになった。しかしオイラも仕事であったのでU氏に理由を告げ、休暇が欲しいと願いでたところいきなりこう言われた「お前がそばにいて治るんか。明日、勝手に休んだら欠勤扱いにするぞ」

こういう場合、普通の人間なら「お袋さんの具合はどうだ。手術してたいへんだったなあ」くらいは言うのではないだろうか。

またある宴会では、ひとりの部下に「調子をこいてるとお前をやめさせるぞ」と言って、まわりに座した一同のひんしゅくをかった。ふんぞり返るようなU氏だったが、そのくせ市の上層部には、ペコペコとコメツキバッタのように頭を下げていた。今このU氏とつきあう昔の仲間は誰もいないのではないだろうかcatface

P1000840       田舎のあちこちで卯の花が満開

このように役職が上になったからと言って、それまで言っていたことやそれまでやっていたことは忘れてコロっと自分を変えてしまう方々は、おそらく気が小さいのだろうなと思う。人は何らかの権力を得たり与えられると天狗になる。昨日までの自分が今日は別の人間に思えてくるから、どんな人でもその程度の大小はあっても天狗になる。気の小さい人間ほど人が変わり、自分よりも社会的にランクが下だと思える者に理不尽な態度をとってしまう。

なぜこう言い切れるのかと言うと、オイラがもし権力を得たら、自分をコロっと変える人間だからだ。そうお察しのとおり、オイラは自分でも驚くほどの小心者なのであるhappy02

注)《活彩祖谷村》の仙人さんについては近日書こうと思ってます。

2011年6月 3日 (金)

大雨のあと・・・

先日の温帯低気圧に変わった台風2号による大雨で我が家の水道はすべてストップした。この田舎のほとんどの家庭は、近くの湧水がある場所とか谷から直接水を家の中にひいてきて使っている。蛇口をひねればすぐ水が使える水道設備の整った町とは全く違い、大雨で谷が増水すれば水道水はぴたりとストップしてしまう。

大雨が降り谷が増水すれば、谷に水を取りこむホースを直接投げ込んでいるのでそれが流されてしまったり、取水口に落ち葉や小枝や砂などが詰まったりして水が止まる。それを改善し、いつもどおりに水が家庭まで届くようにする作業を水仕掛けという。

我が家は2つの水道組合に加入しているが、そのふたつとも水が止まってしまったのだ。水道組合・・・と言ってもそのほとんどがお年寄りの家庭なので、50歳を過ぎた今も若い衆であるオイラは水が元どおり来るように昨日の朝から水仕掛けに行った。

午前中は栗○渡水道組合の水仕掛けのため、山の奥へ車で4キロ、歩いて10分くらいの谷へ同組合の仲間とふたりで行った。水源地ではまだ水位が高く折れ曲がったホースを直そうと水に入ったが長靴なんて役に立たない。膝近くまで水はあがり、水中に没した長靴がかえって動きをにぶくし、そのうえ冷たいのなんの。一分も水の中にいられなかったが、それでもどうにか無事に水仕掛けは終わったwink

P1000799    吸水ホースはいつもよりかなり左に流されていた。

午後は中○水道組合の水仕掛けである。ここの区長さんと二人で、大雨に洗われた雑草をかき分けながら急な坂道を登り沈砂槽へたどりついたあと、すぐに作業にとりかかった。ここは簡易水道なので水源地の水が止ることはまれだが、谷水の汚れや濁りを取りのぞく沈砂槽が詰まってしまう。すると、そこから次の消毒槽や貯水槽へと水が届かなくなるから水道が止ってしまう。

ようはその詰まりを取ればいいわけで、砂といっしょに溜まった泥を沈砂槽の外に捨てればいいのだが、これがかなりきつい。浄化機能を回復させるために、二人とも無言で握ったスコップを上に下に動かし頑張った。ふたりとも汗だくになりながら約2時間の作業を終えたwink

P1000726   今回はこんなに川の水位が上がった

水が止まった3日前から、生活に支障が出ているお年寄りがいたが、この区長さんはすごい。自分でポリ容器に水を汲んで困っているお年寄りの家に配達するのだ。まるで自衛隊員のようだ。

今回の水仕掛けも違う人と行く予定だったのだが、その人が急な仕事でどうしても水仕掛けに行くことができなくなったため、オイラはひとりで水仕掛けをしようと思っていた。ところが、昨日から水仕掛けを心配していた区長さんは誰かが参加できない場合を考え、どこにも行かないで家にいて、すぐ応援に駆け付け水仕掛けに協力してくれた。オイラの知っている限りでは、これほど行動する区長はほかにいない。

この区長さんはこの田舎に活気を呼ぶために自宅での民泊を7月から始めるそうだ。なかなかのアイディアマンでもある。こういう人が増えればこの田舎も少しはよくなるのでは・・と作業のあと、休憩しながら思っていた。

今日にはまたいつものように、この水が各家庭に届くはずだろう・・・happy01

P1000051     飲料水タンクから見た対岸は霧に包まれていた

2011年6月 2日 (木)

この先、日本は…

昨日、菅総理に対する内閣不信任決議案が提出された。またこの国のトップは1年くらいで代わるのだろうか。まったくもってこの国くらいトップがコロコロと変わる国も珍しい。だから外国民に日本のトップの名前を尋ねると答えられないことが多いらしい。

三○市になる前の山○町では、その町長が何十年もトップであり続け、いろんな政策を実行するに当たり、その町の顔として素晴らしい手腕を発揮したことは周知の事実である。何年たっても国や県がそこの代表と話ができるってことは信頼や信用が生まれるってことだ。

この田舎がかつて東○○山村と呼ばれた時代には村長が今の日本同様にコロコロと変わった。だから長期にわたる政策は期待できず、短期的な政策を実行するだけなのでどうにもこうにもダメな村であった。「今回の選挙で私が村長になりました。だから前の村長がやってたことは私には関係ありませんから・・・」てな具合になる。それを聞いた職員は逆らっていると思われたくないから「人間関係が第一だよね・・・」と今までやっていたことを簡単にやめて、新村長が計画する事業に賛同してしまう。いくつかの頓挫した計画の中にはこんなのもあるんじゃないのだろうか。

県からしてみればこの村の顔が見えないから信用ができないわけだ。そこでこの村を動かす原動力、すなわち建設業に携わる方々が手を変え品を変え県や国に取り入って村に活力を呼び込む時代が長く続いた。村の生活基盤は多くの労働者に働く場を提供している建設業者に支えられていたといっても過言ではないからだ。

P1000791        こんな情けない記事が紙面トップを飾っている

これと同じようなことをやっている日本は、諸外国からしてみれば、その代表者の顔が見えないから信用できない。重要な会話を誰としていいのかわからないからだ。そこで登場する大手企業が手を変え品を変え諸外国に取り入って日本に活力を呼び込んでいる。大手企業に力が無くなれば日本はどうなるのだろうwobbly

この国の官僚たちは手を変え品を変え国民から税金を搾り取る私利私欲な計画に余念がないし、この国の政治家たちは連日に渡り「被災地と被災者を救う」というお題目を錦の御旗に掲げ、与野党による紅白ヤジ合戦付きの情けない国会中継をテレビからたれ流している。

今回の不信任案提出に際し東北のある首長は「政治家はイス取りゲームをしている場合じゃない・・」とテレビのインタビューに答えていたが、うまいことを言うものだ。震災復興のさなか、今なぜ不信任案提出なのか?国民はみんなそう思う。答えは簡単だ。そこにおいしい利益があるからだ。

震災に係る復興費は20兆円以上とも言われるが、道路、港、線路、駅、その他公共に関する物を修理したり新しく作り直したりしなければならない。それを請け負う大手ゼネコンと密接な関係にある政治家ほど自分に返ってくる利益が大きいことになる。つまり莫大な復興費が動く今こそ、その分け前を誰かに渡してなるものかってことだろう。政治家としては復興がすんでからは何の得もないからだ。

今の総理じゃ復興費のおこぼれが回ってこないから邪魔な者をどけて、おいしい餌にありつこうってことで、それはチーターから餌を奪うハイエナの群れに似ているようだ。オイラのようなへそ曲がりが考えれば以上のようなことになるから、今の時期に不信任決議案を提出する理由は利権争いの表れであり・・・簡単な理由だ。

結局、国民のことはさておき・・・ってことにつきる。「不信任案を出したいけど、この震災から日本が立ち直ってから出すよ。それまでは協力するからね」あるいは「総理の悪い所は俺達でカバーするからなんとか復興まで頑張ってください」はないし「与野党一致団結して国民のためにがんばろう・・・」などは決してありえない。

アメリカ並みに長期にわたりトップがトップであり続けることが日本にとって大事だと思うし、また周りの仲間もトップを支え続けることが必要だ。でも今回は仲間割れをおこして、この不信任決議案に賛成をする与党議員もいるらしいからおどろくばかりだ。

P1000804

こんなバカらしいテレビ中継は未来ある子どもにはぜったい見せたくない

日本を動かしている連中の悪い波動は国中に広がりはじめた。国民の中にはこんな国に愛想をつかし自暴自棄になる者も増えているんじゃないのだろうか。被災地では窃盗やレイプといった凶悪な事件もではじめているらしい。

あ~あ、日本の未来はどうなるのだろう。不安だ。いっそのこと、隣の中国に迎合し、チベット自治区や内モンゴル自治区に続き日本自治区になるか。あるいは親分アメリカに頼んで第51番目の日本州にしてもらえないかな bleah

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

無料ブログはココログ