« 《活彩祖谷村》の仙人さん | トップページ | 三○市議会中継・・・ »

2011年6月17日 (金)

自然の代弁者・・・

オイラがガキの頃はシカやサルを見かけるなんてことはほとんどなかった。畑には農作物がひしめき合うように実っていた。いかにものどかな農村風景が広がっており、四季折々の山の変化が季節の移り変わりを教えてくれた。自然の山はその色を変えるから山であり、そこに住む動植物におのずと恩恵を与え続けていた。

高度成長期のさなか、不便な田舎から人が動き始めた。教育・福祉・医療など文化的な生活の向上を求めて町へ下った。ちょうどその頃、国の植林政策が全国に広がりはじめ、補助金が国中に流れた。それを受けた人たちは、この地を去るにあたって用済みとなった田畑に杉や桧を植え、丁寧に山の広葉樹までも切り倒しそこにも杉や桧を植えていった。

この地に残った者も前者と同じく補助金目当てに田畑を縮小し杉や桧を植え、広葉樹の生い茂った山の大部分を杉・桧に模様替えしてしまった。

それから数十年後、広葉樹を失い実りをなくした山は、豊かだった自然を壊した人間にバツを与え始めた。山奥から人里へ姿を現した自然の代弁者(シカ・サル・イノシシ)たちは、手当たり次第に農作物を食い荒らした。その代表は急激に増えたシカたちだろう。

P1000826_2     シカを捕獲しようという、こんな新聞記事も・・・

人はやっとこの事態に恐れ農作物を守るべく畑の周りにネットを張り巡らしたり、花火の音で追い返したり、あるいは電気を流して迫りくる代弁者の侵入を阻止しようとした。いくら畑を囲んでシカよけネットを張り巡らそうとどうしようと、そんなのお構いなく野生の強さを持つ代弁者たちは毎夜のごとく農作物に攻撃をかけてくる。

あまりに情けないこの地を憂い、この田舎の先行きをどうにかしようと考えはじめた真摯な方々は、針葉樹を伐採し後は自然任せで本来の森に戻そうとしているが、中にはそのあとにまたしても杉苗を植える愚か者もいる。その愚か者やその家族が花粉症であったりするとカッコ悪い笑い話だ。

人が本来あるべき姿の自然を受け入れ共に生きる選択をすれば、おのずと野生動物は人前から立ち去ると思う。それができない限り代弁者たちは増え続けていくだろう。

彼らをとってくれる猟師さんも少なくなっているし、特にシカに関してはうまくもないその肉につきあい続けることもそのうちできなくなる。大量にとれるこのシカ肉を加工し特産品にでも変える事業があればどうだろうと考えることもあるが、不定期な収穫ではプランがたたない。いわんやオイラも冬に蓄えたシカ肉で食費を浮かしているひとりだが、いつまでもバカみたいに喜んでばかりではいられない。すでにお袋は畑を耕し苗を植えている。早くネットを張ってくれないと農作物が食い荒らされてしまうとなげきだされる前に、ネットを張らなきゃならない。

P1000863     最近、杉が伐採された場所。このまま自然に戻るといいが・・・

さあ皆さん、チェーンソーを持って針葉樹の森に分け入り、今こそ杉どもを切り倒しましょう。あの素晴らしいあるがままの自然をもう一度この田舎に取り戻し代弁者たちを森に追い返すために・・・by 杉切り隊々長

« 《活彩祖谷村》の仙人さん | トップページ | 三○市議会中継・・・ »

コメント

是非是非お願いします。全ての憎っき杉を切り倒してください。本当に心からお願いします。私の身体は杉花粉にむしばまれて今にも滅びそうなのです。本当に切ってくださいね!お願いです。

私には、所有する木が ありませ〜ん。
よその杉を切ったら、所有者に、訴えられます〜
そして 私は チェンソーがうまく使えません〜
国から、伐採の補助金がでれば、バンバン切っていけるのにね♪
花粉症の皆様、
署名を集めて、陳情に参りませんか?
軽い花粉症の私ですが、署名運動なら、協力します♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499382/40468396

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の代弁者・・・:

« 《活彩祖谷村》の仙人さん | トップページ | 三○市議会中継・・・ »

無料ブログはココログ