« 田舎で聴くジャズ ③ | トップページ | 新しい年明け・・・ »

2011年10月31日 (月)

ファミリー登山

秋も深まり家族で登山したいと数週間前から言っていた。先日の土曜日は天気予報によると午後から雨になるはずだったが朝からいい天気。そこで急きょ家族で近くの山に登ることにしたfuji

飼っているシバ犬をお供に連れてレッツゴー。30分余りで目的地の落合峠についた。ふたりの子どもはよく頑張り落合禿の頂上に53分かけて登った。3歳ながら小太郎もよく歩いたものだと感心した。

P1020509     この滝は写真撮影の名所です・・・

それにしても今年の紅葉はいまひとつだ。真っ赤になるはずの葉っぱが茶色になり落ちている。黄色の葉っぱも端のところが茶色になっているものが多い。夏は例年になく台風や低気圧の影響で雨が多く十分な日光が得られなかったことが原因かもしれない。昨年とは大違いだsad

P1020551      少しだけきれいな紅葉がありましたが・・・

山頂で湯を沸かしカップめんを作る予定だったのだが、バックパックを開けてみると、コンロ、ナベ、水はあるのに燃料がない。しまったぁ~と頭を押さえても後の祭り・・・。オイラはこの失敗をどうにかしようと保温のできる水筒に熱い玄米茶を入れていたのを思い出し、お湯の代用に使ってみたcoldsweats01

出来上がったカップめんを食してみると問題なくおいしい。子どもたちにわけてやるとおいしそうにすすっていた。山の上に行ってラーメンを食べようと約束していたので、それをみてやれやれ・・・。

P1020532    落合禿山頂まであと少し・・・ススキが揺れてます。

ところでこの落合禿(標高1683m)という山は別名東ヨボシとも呼ばれるが、烏帽子山はエボシヤマと呼ぶのに東にあるこの山は東烏帽子と書いてヒガシヨボシと呼ぶ。ヨボシには茅を集めて高く束ねた物をそう呼ぶこともあるそうで、茅が山頂に生えているから昔の人はそう呼んだのだろうか?あるいは烏帽子山ほど烏帽子に似てないが少し烏帽子っぽいからそう呼んだのかもしれません・・・。

たまに地元以外の登山者が落禿と呼んでいるのは、はっきり言ってまちがいです。正確には落合禿なのであしからずsmile

その西隣りには前烏帽子山と呼ばれる場所がある。平成5年の国体山岳競技の縦走の通過点としてどうしても名前がいるので烏帽子山(標高1667m)の前にあるから前烏帽子山と安易に付けられたらしい・・・がそこは地元では落合フジ(標高1665m)と呼ばれていた。冬になりてっぺんに雪を乗っけた様子が中上地区からみると富士山に似ているからそう呼ばれていた。山岳地図にはなくてもそういう素晴らしい名前で呼ばれていたものを勝手に前烏帽子山などと呼んでいる皆さん方、なるべく落合フジと呼んでくださいscissors

P1010957     今年1月の晴れた日の落合フジ(前烏帽子山)

« 田舎で聴くジャズ ③ | トップページ | 新しい年明け・・・ »

コメント

はじめまして。毎度、祖谷の方々にはご迷惑ばかりかけております香川県人のひとりです。

私、落合峠は大好きで、過去40回くらいは訪れました。もちろん、矢筈山・烏帽子山・寒峰などは登りました。峠でキャンプをしたり避難小屋で泊まったりしたこともあります。あの雄大な景色を見ると本当に心が癒されます。祖谷の人たちにとっても同様なのでしょうね。

ところで、私はまんまと「落禿」、「前烏帽子山」と呼んでおりました。さすがは地元の方、正式名称をよくご存知ですね。今後、ご迷惑のかからない範囲で隠れた名所など教えていただいてもよろしいでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499382/42740946

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリー登山:

« 田舎で聴くジャズ ③ | トップページ | 新しい年明け・・・ »

無料ブログはココログ