育児

2011年4月29日 (金)

孫のような我が子

今、子育て中である。オイラは半世紀以上生きているが再婚でもなく養子でもなく晩婚であったために4歳と2歳の我が子がいる。一姫二太郎だから・・・仮に小姫&小太郎とでも呼ぼうか。

我が子の通う保育所へ行くと同世代の保母さんがいるのだが、その人には孫がいて小太郎と同い年くらいであるらしい・・・ということはオイラと我が子の関係はジイさんと孫ではないかと思って複雑な心境になる。

オイラが10年後退職を迎える時、小姫は中学2年生、小太郎は小学6年生であるからこれまた複雑である・・というか複雑をとおりこして教育費はどうしようかと今から心配この上ないdespair

P1000255_3

ま、とりあえず先の心配は置いといて、小姫が生まれた頃からカミさんの傍らで子育ての片棒を担いでいるが、どうしてもふたりに対して甘くなる。よく言われるが、祖父母は孫を甘やかすから祖父母に育てられた子はダメになる、ってあれ。

そうオイラは祖父みたいなものだからか小姫&小太郎にはかなり甘い。自分でそう自覚している。腰が痛くても抱っこしてとせがまれれば抱っこしてやるし、足が痛くても怪獣ごっこをしてとせがまれれば怪獣になる。肩が痛くてもブランコを押してとせがまれればブランコを押してやるし、しまいにゃ食事の前にはあげてはいけないお菓子を与えカミさんににらまれてしまう。せがまれることがよほどのことでない限りそうしてやることにしているscissors

なぜならオイラは適齢期に結婚した普通のお父さんたちよりも、子どもといる時間が少ないからだ。もし60代後半くらいに他界したら家庭を持つふたりの姿を見られない確率は極めて高いだろうし、ましてや孫を見るとなると・・・少なくとも80歳までは生きてなきゃならない。だから今元気なうちにオイラのことをふたりに記憶させないと・・・

こんなことをカミさんの前で話すと、先のことなんてその時に考えればいいでしょ。トトはなんでも考えすぎ。そんなことばかり考えてると疲れるよ・・・と切り捨てられる。たたんだ洗濯物を抱えて部屋を出ていくカミさんを尻目に、それもそうだなといつものごとく思い直し、オイラは目の前に横たわった小太郎のオムツを淡々と替えるのである。

そのすぐそばでお転婆な小姫は弟のオムツ交換が終わったら、怪獣に見立てたオイラに飛びかかろうと腰を低くしてニヤニヤしている・・・coldsweats01

P1000276_2

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ